結婚式の席次表を作成する

結婚式の席次表とは、参列してくださるゲストがどの席に座ればよいかの案内するものです。

基本の席次としては、新郎新婦に一番近い席を上座、一番遠い席を下座と言います。

上座から下座にかけての席順としては、上座から主賓・上司・恩師、先輩、友人、親族ときて一番下座が両親となるようにします。

席次表とは要は座席表なのですが、会議などで使われるようなものでは結婚式には物寂しいもの・・・お二人の雰囲気に合った目を引く席次表にしたいものですよね。

まずは席を決める必要があります。

難しいのは、同じテーブルに誰と誰を座っていただくかということ。

そしてどんなデザインにするかという事です。

自分たちで考えるのはなかなか難しいもの。

そんな時はプロの業者に作成をお願いしちゃいましょう。

こういった業者は席次表だけでなく、席札や招待状などの結婚式に必要なペーパーアイテムをまとめて作成も可能です。

参列した方の目を引き楽しめるようなオリジナリティの高いペーパーアイテムでより結婚式を素敵に演出しちゃいましょう。

いざ結婚式を挙げる事が決まり会場も決め、招待状も出し参列してくださる人数も確定しました。

次にしなくてはいけないのは席次表作成です。

席の配置をどうしたらいいのか?

どんなデザインのものがいいのか?

を考えなくてはいけません。

最近でパソコンがあればテンプレートなどのソフトやフリーで配布しているものもありますので割と簡単に作成することができます。

ですが、パソコンに自身のない方や、そういうテンプレートだとイマイチありきたり・・・とお考えの方には専門のデザインサービス業者に依頼するのがおすすめです。

人数や参列してくださる方の関係性、会場やテーブルの形などをご確認させていただき、それに合わせてお二人の結婚式の為だけのオリジナリティとデザイン性の高い席次表を作成していただけます。

手作りに不安がある方は是非こういうサービスを利用してはいかがでしょうか?

また席次表だけでなく席札などの作成も合わせて行ってますのでセットで依頼することも可能です。