結婚式でのおもてなし

結婚式披露宴の席次を決めるのにはまずゲストが決定していうという事が第一です。

そして、席次が一目でわかる席次表や席札の作成をします。

最近ではインターネット上でフリーで使えるテンプレートなどがありますが、こういったペーパーアイテムもゲストへのおもてなしの一つと考えるのであれば、プロのデザイン会社に依頼するのがいいでしょう。

デザインや紙の種類、どんな形状にするかは、お二人の雰囲気やイメージ、結婚式会場の雰囲気に合わせて作るといいでしょう。

例えば「シンプルだけど上品でラグジュアリーなデザイン」

「和紙などを使った和風でモダンなデザイン」

「かわいらしくPOPな少し個性的なデザイン」

など色々です。

特に席次表や席札は当日ゲストの方が目にしてお持ち帰りされる方が多いのです。

また席に着いたらテーブルに置いてある席札は特におもてなしの心を示しやすいものなのです。

ゲスト1人1人へのメッセージが手書きで書かれているというもは定番ですが「うれしかった」

と言われることが多いのです。

また少人数の結婚式やパーティやお子様のゲストには席札の替わりにクッキーなどにアイシングで名前が書いてあるものもおすすめです。

席次表や席札などのペーパーアイテムは結婚式には必需品とされています。

特に席次表は少人数でも用意した方がいいです。

スムーズに着席ができますし、同じテーブルの人の名前や新郎新婦との関係が分かりますのでお話もしやすく、特に独身のゲストの方同士だとそういったところから素敵な出会いも…というケースも多いです。

また、全てではありませんが一部に直筆のメッセージを加えると喜ばれます。

一番いいのが席札。

例えば「いつもいろいろな相談にのってくれてありがとう。これからも友達でいてね。今日はありがとうね。」

「叔父さん今日はありがとうございます。子供の頃キャッチボールをしてよく遊んでくれたことは今でも覚えています。」

などと言ったような来てくださったお礼と、その方とのエピソードが一言あるだけでも喜ばれますし、おもてなしの気持ちが伝わります。

もしも自分が参列する側で席について席札にそんなメッセージがあったらうれしいですよね。

結婚式はお二人のスタートとこれまでお世話になってきた方への感謝を示す場所です。

小さなところにまで心配りをするといいでしょう。