結婚式の必須アイテムの席次表

結婚が決まり挙式を行う事になったら決めなくてはいけないことややらなくてはいけないことがたくさんあります。

まずは参列していただける方の人数とそれに合わせた会場選び、そして会場での席次を決め席次表を作成しなければいけません。

通常結婚式の席次は進路新婦のメインテーブルがあり、そこから近い方に職場の上司や同僚などや友人関係。

遠くなれば遠くなるほど血縁が濃い人になり両親や兄弟はいちばん遠くになるというのが基本です。

この席次表の作成は、結婚式場であれば式場の方で作成してくれることがほとんどで自分達で作成しなければいけないのはレストランウエディングなどの場合です。

作成を依頼できるできないは置いておいて参列してくれる方をどの席に座っていただくのか?

と言うのを決めるのはお二人で決めなくてはいけません。

両方側の参加人数や層などでいろいろ凝らさなければいけな飯部分もあるでしょうが、幸せな結婚式の一日にするためにはしっかりときめましょう。

結婚式を挙げることが決まり、会場も決まり、参列してくださる方も決まったとなれば誰がどこに座ってもらうかを考えて席次表を作成する必要があります。

この席次表ですが、会場が結婚式場やホテルだった場合は会場側で作成してくれるというケースがほとんどです。

自分たちで作成しなければいけないのはレストランウエディングだったりした場合です。

どちらにしてもしっかりと席次を決めておく必要があるのですが、いざ表にするとなるとデザインなんかも頭の悩ませどころ。

ただ席が書いてあるだけでは面白味に欠けますし、かといって懲りすぎても肝心の席が見にくい・・・そんなお悩みは専門の業者に依頼するのも1つの方法です。

そういったところは席次表だけでなく、席札や招待状も作成も行っており、お得なセット価格がある場合がほとんどです。

テンプレートがある場合もありますが、お二人の似顔絵や縁のあるものをデザインにしたりなどの相談も受けてくれますので一度相談してみてはいかがでしょうか?

こちらを参考にお探しください。

個性の出る結婚式の席次表サンプルを見る